スプレー缶

ゴムやプラスチック製品は離型剤を使えば綺麗に形造ることが出来る

ゴム製品やプラスチック製品を製造販売するビジネスに取り掛かるためには、用意すべきものが沢山あります。なるべく質のいい素材をリーズナブルに調達することも勿論大切ですが、そうして仕入れた素材を、成形過程で無駄に破損したりしないためにも、優れた離型剤が必要です。
離型剤とは、ゴムやプラスチックといった粘性の高い素材が、成形プロセスで使われる金型に粘着するのを防ぐ薬剤です。離型剤が優秀であれば、仕入れた原材料をほとんど無駄にせずに、十分な数の製品を作ることが出来ます。しかし、離型剤の働きが悪い場合、金型からゴムやプラスチックが剥がれてくれず、製品の変形、破損が多発して、使える製品の生産数が減ってしまいます。
フッ素コーティング剤を主な成分とする離型剤を使うと、このようなトラブルが発生する頻度を非常に低く抑えることができます。フッ素系の離型剤は、薄く金型に塗布するだけでも十分な離型効果を発揮するという特長もあるため、成形作業を効率よく行えるだけではなく、コスパもいいというメリットがあります。
プラスチックやゴム製品を大量に製造・販売するなら、フッ素系離型剤を使えば、成形プロセスの効率と経済性を担保することが出来るでしょう。

成形困難なゴム製品も綺麗に作るには離型剤が必須

料理でもハンドメイド品の制作でも、サイズの小さいものは作るのが難しいです。他にも、例えば、極度に細いもの、あるいは薄いもの、そして、複雑な形のものは、形を造る過程で壊してしまうリスクが高いです。
ゴムやシリコン製品を作る場合も、同じことが言えます。製品製造の場合は、料理やハンドメイド品の制作と違って、金型を使った機械による作業ですが、やはり薄型、小型、複雑な製品の成形では、破損が生じやすいです。成形過程で破損すると、原材料の無駄が生じるだけではなく、製品の作り直しの手間がかかって、生産効率が著しくダウンします。そのため、こうした成形が難しい製品を作る場合には、極めて優秀な離型剤を使う必要があります。
その代表ともいえるのが、フッ素コーティング剤が主な成分となっている離型剤です。フッ素コートによって物体に付与される非粘着性は非常に強力なため、極薄に引き延ばされたシリコンやゴムであっても、金型にまったくこびりつくことなく、するりと剥がれてくれます。薄型の製品は、型と分離する際にちょっと余計な力が入っただけでも割れてしまうため、このような強力な非粘着性がどうしても必要です。成形困難なゴム・シリコン製品を作る際には、フッ素系の離型剤を使って、破損品を極力出さないようにしましょう。

見慣れたパッキンやゴムチューブの成型にも関与している離型剤

ゴム製品としてどんなものがあるか改めて問われてみると、あまりにも見慣れているために、これと例を挙げるのが案外難しいかもしれません。キッチンでよく見るものなら、パッキンがあります。また、ゴムのチューブが部品として使われている製品なら、周りにいくらでも見つけることが出来るでしょう。
パッキンやチューブは、正確な成形が出来て初めて役に立つ製品です。パッキンの一部が変形していたら、鍋蓋の溝にきちんとはまらなかったり、部分的にちぎれてしまいそうなほど薄くなっていたら、鍋を密閉することができないでしょう。また、ゴムチューブにしても、例えば、自転車の空気入れに使われているゴムチューブの内壁が、部分的に極端に薄くなっていたらどうでしょうか。使っているうちに、そこに穴が開いて、空気を送るという仕事には使えなくなってしまいます。
このようなゴム製品を正確な形に成型するためには、フッ素コーティング剤を使った離型剤が大きな貢献をしています。成形のステップにおいて、金型に離型剤を塗布することにより、ゴムが、作られた形の通りに金型から分離してくれるため、チューブとして、またはパッキンとして、きちんと役割を果たせる形状に仕上げることが出来るわけです。離型剤がなかったら、高性能のパッキンやゴムチューブを製造するのは、今よりもはるかに困難だったことでしょう。


最適なフッ素系の離型剤を使うなら【株式会社フロロテクノロジー】にお任せ!独自技術で作られた製品は従来のデメリットを解消しメリットを高めた最強の製品です!

ネジ

作業現場で使う離型剤は引火性のないものを選ぼう

ゴムやプラスチックが原材料の製品を成形する作業現場では、多くの作業を並行してこなしつつ、大量の製品を作らなければなりません。そのため、作業に従事する人がなるべく仕事をしやすい環境を整備しておく必要があります。成形作業の効率をダウンさせる一つの要因として、金型に塗布した離型剤の効果が薄れてくるというものがあります。これは、フッ素コーティング剤を主だった成分とする離型剤のように、現場で塗…

機械

総合力の高いフッ素系離型剤がワックス系よりもおすすめ

シリコンやゴムの成形作業に欠かせない離型剤ですが、これを選ぶ時にどのような点をチェックしているでしょうか。離型剤なので、要は離型が綺麗にできればいいという大雑把な考え方をしていると、ベストな離型剤を選び損ねるかもしれません。綺麗に離型できるということは、離型剤として必要最小限の機能を果たしているにすぎません。その点では、ワックス系もフッ素系も大差はありません。しかし、離型剤としての他…

歯車

フッ素コート剤専門メーカーから離型剤を購入しよう

他のあらゆるテクノロジー同様、離型剤の効果や性能、そしてユーザビリティも日進月歩です。自社開発の新製品の製造のため、フッ素コーティング剤を使った離型剤の採用を検討中なら、フッ素系離型剤に関する最新の知見を得るべく、フッ素コート剤専門メーカーから購入することをおすすめします。フッ素系離型剤は、優れた離型効果のみならず、ユーザビリティの高さやコスパの良さでも、現場から高い評価を得ている薬…

半導体

現場で塗布できる離型剤でストレスフリーな作業が可能に

シリコンやゴム、プラスチック製品の製造現場は、あまり時間的な余裕がない中で作業を進めざるを得ない場合が多いです。その日の予定生産数に足りるだけの原材料を仕込み、金型を始め成形に使う機器類も準備万端にするなど、効率よく成形業務を進められるようにする努力は、常にしていることでしょう。もう一点、そこに工夫を加えるとすれば、それは、現場で簡単に再塗布・追加塗布できるタイプの離型剤をたっぷり買…